吉井怜 さらなる飛躍へのフルヌード写真集「月刊NEO 吉井怜」

女優・吉井怜が、2012年に「フライデー」でバストトップまで披露したフルヌードを公開している。これは発売される写真集「月刊NEO 吉井怜」からの先行カットだった。

月刊NEO吉井怜 [ 吉井怜 ]

月刊NEO吉井怜 [ 吉井怜 ]
価格:2,700円(税込、送料込)

 <楽天市場>

吉井怜は、2009年に写真集「S/M Rei Yoshii」、そして2011年の7月にはデビュー15周年の記念として写真集「ここから」を発売。

どちらもフルヌードとまではいかなかったが、ボディラインとバックショットを強調したセクシーな美意識あふれる作品だった。

しかし、「月刊NEO 吉井怜」では、森の中の小川で全裸になった姿など、以前の写真集よりも神々しくも艶かな色香を漂わせる美しいヌード写真集となっている。



写真集「月刊NEO 吉井怜」は、彼女の誕生日である3月18日を過ぎてすぐに発売。先に発売していた「ここから」では、バストトップがうっすらと透けるショットなどを公開していたが、完全披露とまではいかなかった。

フルヌードを30歳という節目でフルヌードを披露したということに、これからも女優としてさらに活躍していくという吉井怜なりの決意が感じられのだ。

吉井は1996年に芸能界デビュー。ドラマや映画に出演し、着実にキャリアを積み重ねていたが、00年に奄美大島でグラビア・カレンダーを撮影中に急性白血病を発症。

それ以後病床につくが、2002年に無事芸能界に復帰している。また、その闘病の模様を綴った「神様、何するの」はベストセラーになり、2003年にドラマ化もされた。
記事参考: cyzo